スクリーンショット 2019-01-07 17.12.56.png

株式会社ジュンテクノサービス

〒350-1110

埼玉県川越市豊田町3-4-2-5F

info@jun-techno.com

Tel: 049-265-8651(不在時転送)

Fax: 049-265-8652

スクリーンショット 2019-02-03 18.07.36.png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
GLADIUS代理店マーク_black-A.png
ショップバナー2.png

コラム

農業用ドローンの販売店をお探しの方へ~農業用ドローンのメリット・使用許可について~

​ホーム >> コラム一覧 >> 農業用ドローンの販売店をお探しの方へ~農業用ドローンのメリット・使用許可について~

自然と向き合う農作業は、重労働であり大変労力を必要とするものです。中でも農薬散布はリスクも伴うため、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?農業用ドローンは、農薬散布用としても活用することができ、作業負担・費用の軽減など様々なメリットがあります。小型化も進み、一般的に販売されています。こちらでは、農薬散布に農業用ドローンを活用することのメリットや、実際に農業用ドローンを活用するために必要となる許可・承認についてご説明します。

農薬の散布作業に導入できる農業用ドローン~ドローンの販売を行う株式会社ジュンテクノサービス~

◇農薬散布作業の現状
農薬の散布作業は重労働です。農薬の散布作業中に薬剤を吸い込まないようにするに、農薬用マスクと帽子、保護めがねを装着し、ゴム長靴と保護手袋、長袖の防護服と長ズボンを着用することが必要です。


◇農薬散布作業のリスク

  • 農薬中毒事故のリスク

薬剤を吸い込んでしまうと農薬中毒事故をおこしてしまう可能性があります。

  • 熱中症のリスク

農薬中毒事故のリスクを軽減するために重装備で作業を行いますので、特に炎天下では熱中症になる恐れがあります。


◇農業用ドローンは、農薬散布作業に導入可能
農業用ドローンは農薬散布に使用することができ、農薬散布の負担軽減に役立ちます。ドローンを製造する各社が、農薬散布用ドローンを販売しています。


様々なドローンを販売する株式会社ジュンテクノサービスのオンラインショップはこちら

農業用ドローンのメリット~ドローンの販売・資格取得のスクールを開催する株式会社ジュンテクノサービス~

◇農薬散布作業車のリスク軽減
農薬の散布作業では農薬中毒事故のリスクがありますが、農業用ドローンを使用することで農薬中毒事故のリスクが大幅に軽減されます。


◇農薬散布を効率的に行える
農業用ドローンを利用すると農薬散布を短時間で、かつ効率的に行えるようになります。対応する農地の範囲が広い場合、害虫防除が必要な場所とそうでない場所が出てきます。また必要な場所にも、どの程度の散布が必要かどうかが異なります。害虫防除が必要な場所を特定して、必要な箇所のみ適切な散布ができるようになることで、結果的に農薬の使用量を減らすことにもつながります。


◇監視用としても使用可能
シカ・サル・イノシシなどによる農作物被害は、里山での農業にとって深刻な課題でもあります。そうした害獣の監視も、農業用ドローンができることとして注目されています。

 

◇大幅な費用軽減

農薬散布用の無人ヘリコプターを購入するには1,000万円以上のお金が必要になりますが、農業用ドローンだと無人ヘリコプターの10分の1以下の価格で購入できます。無人ヘリコプターは機体の価格が高いだけでなく維持コストもかかりますが、農業用ドローンは維持コストも少なくて済みますので、かなりのコストカットが図れます。

 

安全に農業用ドローンを操作するために、ドローンスクールで学ばれることをおすすめします。株式会社ジュンテクノサービスでは、ドローンの販売だけでなくスクールも開催しています。詳しくはこちら

農業用ドローンを活用するための許可・承認~ドローンを販売する株式会社ジュンテクノサービス~

◇許可・承認が必要な理由
農業用ドローンで農薬を散布するには国土交通省の許可・承認が必要になります。その理由は、農薬は危険物としての扱いを受け、航空法第132条で禁止されている「危険物輸送・物件投下」に該当するからです。また、夜明け前に散布を行う際は「夜間飛行」についての承認も必要です。


◇許可・承認を受けるには
国土交通省の許可・承認を受けるには、飛行開始予定日の10日前までを目安に、早めに申請することが望ましいです。申請方法は、郵送・窓口へ持参・オンラインのいずれかの方法から選択できます。申請書は記入する項目が非常に多く、初めて申請する時には作成にかなりの時間を要しますが、ドローン申請代行サービスを利用すると、申請書の作成を代行してもらえます。


国土交通省への許可・申請手続きについて(国土交通省ホームページ)

農薬散布作業は重労働でリスクも高いものですが、農業用ドローンを活用することでリスクを軽減するだけでなく、費用も軽減できるなどの様々なメリットがあります。


空撮や産業用など様々な種類のドローンを販売する株式会社ジュンテクノサービスでは、農業用ドローンの取り扱いに向けて準備を進めています。従来のものよりも小型化した農薬散布用ドローンを販売予定ですので、ぜひご期待ください。

ドローン業界発展へ全力を尽くすジュンテクノサービス

 

 

 

 

 

 

 

 

​ 

農業用ドローンの販売会社!株式会社ジュンテクノサービス

【会社名】
株式会社ジュンテクノサービス


【住所】
〒350-1110埼玉県川越市豊田町3-4-2-5F


【TEL】
049-265-8651(不在時転送)


【FAX】
049-265-8652


【MAIL】
info@jun-techno.com


【URL】
https://www.jun-techno.com/

株式会社

ジュンテクノサービス